静岡製複合フライス盤VHR-G

午前11:00、気温8℃。穏やかに晴れ上がり、日差しが暖かく感じられます。風の無い日向に出ると、ほっとしますね。庭のスイセンの芽も出てきました。

静岡鐵工所の複合フライス盤 VHR-G(機番9268)(1975年製)をご紹介致します。

S:820×300×450 T:1100×280 立主軸:40# 横主軸:50# XYZデジタル

多くの機械メーカーが汎用機の製造をやめている中、現在でも汎用フライス盤の製造を続けている静岡鐵工所。そのメーカ―の人気の立フライス盤VHR-Aに横フライス盤SP-CHの機能を組み込んだのが当機VHR-Gです。立軸テーパは#40で使い易く、横軸テーパは#50で力強く切削ができます。年式は古いですが、主軸音、送り音とも静かで程度良く、お勧めの1台です。

※仕様書

ご興味のある方は、TEL 0476-23-4307 または bells@js2.so-net.ne.jp までご連絡願います。機械はいつでも試運転可能です。

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

bells の紹介

中古機械屋のベルズです。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。